郡山販売士会
平成25年度 視察研修会「神奈川方面」へ
平成25年度郡山販売士会の視察研修会は、神奈川方面へ平成25年12月8日(土)・8日(日)1泊2日の日程にて行われました。
今回は富岡会長はじめ、9人での視察研修です。
郡山駅より新幹線と東海道線を乗り継ぎ、一路横浜へ向かいました。

まずは今回のメイン、地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)にて、神奈川販売士会さんとの交流会が行われました。
神奈川販売士協会さんは、登録講師有志が自ら設立され、神奈川を中心に現在会員数は約50名と大人数です。
神奈川販売士協会 菅原理事より、販売士協会設立の歴史と近況報告いただきました。
引き続き、神奈川県の商業概況、「こだわりの店」発掘調査事業・二ノ宮町栄通りにて調査および改善提案事業について教えていただきました。
同協会のいきいきまちづくり研究会「こだわりの店」推奨店はその土地、その街ならではの魅力的なこだわり商品を持ち、その創意工夫と努力をしている店舗を推奨店として認定する事業です。
とても勉強になり、応用できることが多数あったと思いました。貴重なお忙しいお時間をいただきありがとうございました。
P1010251.JPG次は横浜の最新商業施設、「MARK ISみなとみらい」の視察です。
こちらは、今年6月開店したばかりの施設です。地上6階地下4階の建物で店舗数は189店舗が立ち並んでいます。
「MARK ISみなとみらい」のコンセプトは子育て中の家族からその親世代まで「3世代ファミリー」をターゲットにしたということで、まわると納得、各階フロアごと、イメージが違うつくりになってます。生活シーン別にあわせた施設になっておりました。子供向け大型おもちゃ店やキッズルームがあったり若者のファストファッション店舗があったり。屋上には、商業施設内日本最大級規模の「みんなの庭」がありオレンジやデコポンなどの果実やさまざまな野菜などが栽培されており、収穫体験イベントも開催されるそうです。
私がこの施設の目玉として感じられたのは5階にある「Orbi横浜」という大自然超体感ミュージアムです。
こちらはゲームメーカーのセガとBBC EARTHが手がけ、大画面の映像と連動して匂いや風、フラッシュなど体全体で自然を体感できる施設です。残念ながら時間がなく体験は断念いたしましたが。この施設の大きな売りに感じられました。
みなとみらい地区に位置する、とにかく賑わいのある商業施設でした。
P1010258.JPG二日目は川崎市にありますモトスミ・ブレーメン通り商店街の視察です。
1991年にドイツのブレーメン市の商店街ロイドパサージュと友好提携に合意し、商店街の入り口にはグリム童話「ブレーメンの音楽隊」でおなじみの4匹の動物たちの像が出迎えてくれてます。
商店街は全長約550m、店舗180店舗が集まっており、朝10時頃に視察となりましたが、活気があり朝から買い物客でにぎわっています。
物販・飲食店ともに全国チェーン店も多い中、個人商店もそれぞれに特色があり、ご商売されてます。
商店街ウインターフェスタ中でお忙しい中、突然の訪問にもかかわらず同商店街の伊藤理事長さんから、商店街のご説明をしていただきました。
いろいろとお話いただいた中で、私個人一番感じたのは、商店街の若手で組織する青年部が、すごく活動的。有志が「ブレーメンバンド」という音楽バンドを作り、商店街のかっこいいフリーペーパーを作り、ブレカというオリジナルのポイントカード事業。若手の提案を積極的に取り入れているそうです。二番煎じはなるべくやらないとの事。あれもこれも参考になることばかりでした。

当日は福島県産野菜・果物を販売するテントがあり、お聞きするとブレーメン商店街さんは定期的に「ふくしま応援フェア」ということで、県産品の物販スペースを提供していただいておりました。地元の多くのお客様がテントに立ち寄っていただいているところを見ると、県民としてありがたい限りです。
さきほどの書きました若者有志が結成した音楽バンド「ブレーメンバンド」は昨年9月郡山市でも演奏していただいたそうですし、フリーペーパーの中にも「これからも福島を応援していきます。」の文字がありました。
福島県東京事務所 企画交流課さんも福島のPRのためにお仕事されてました。うれしい出会いでした。

P1010280.JPG今回の視察研修は神奈川県の最新の商業施設から歴史ある商店街まで、視察させていただきました。固定的・常識的にとらわれない店作り、街づくりが更なる誘客につながって、さらに活気溢れる店、街になっていくというエネルギーを感じました。
2日間有意義な時間を過ごせました。ありがとうございました。                  (菊地)

郡山販売士会

〒963-8691

福島県郡山市清水台1-3-8 郡山商工会議所内

Tel : 024 - 921 - 2600 Fax : 024 - 921 - 2640

e-mail : admin@entre.gr.jp